怪異怪談研究会
Society for the study of The Weird and the Mysterious Tales

    
    

怪異怪談研究会

https://twitter.com/horror_academia

近代に生じた文化規範の変化を意識しつつ、江戸から近現代における怪異へのまなざし、怪談に集約された物語の内実を問う研究団体。トークライブ #ホラー・アカデミア を随時開催。2018年深川お化け縁日にも出店しました。


【リンク】
LiveWire
青弓社
白澤社

怪怪研キーヴィジュアル
☆画像をClick!
     刊行書籍案内 
☆画像をクリックすると、青弓社WEBサイトの書籍紹介ページが開きます。☆
怪異の時空
 幽霊、妖怪、心霊現象……時代や場所を超えて人々を惑わし、恐怖を与え、崇められ、ときには消費・快楽の対象にもなる「現実には
 ありえない現象」を「怪異」と定めて、怪異から時代や地域特有の文化的感性を照らし出すシリーズ全3巻。


怪異の時空 1『怪異を歩く』 青弓社
一柳 廣孝(監修) / 今井 秀和(編著) / 大道 晴香(編著)
青弓社  四六判  256ページ 並製
定価 2000円+税
ISBN978-4-7872-9238-4 C0395
発行年月 2016年09月

土地と移動にまつわる怪異を、私たちはどう受け止めてきたのか――評論家・東雅夫へのインタビューを筆頭に、怪談、『鬼太郎』、妖怪採集、イタコ、名古屋のオカルト、心霊スポット、タクシー幽霊などの怪異を掘り起こし、恐怖と快楽の間を縦横に歩き尽くす。


怪異の時空 2『怪異を魅せる』 青弓社 
一柳 廣孝(監修) / 飯倉 義之(編著)
青弓社  四六判  288ページ 並製
定価 2000円+税
ISBN978-4-7872-9240-7 C0395
発行年月 2016年12月

円朝の怪談噺、劇場空間と怪異、超常能力表象、子どもと怪異、怪談実話、『刀剣乱舞』など、バラエティー豊かな怪異の物語を読み解き、怪異を魅せる/怪異に魅せられる心性を問う。創作活動にとっての怪異を語る小説家・峰守ひろかずへのインタビューも充実。


怪異の時空 3『怪異とは誰か』青弓社  
一柳 廣孝(監修) / 茂木 謙之介(編著)
青弓社  四六判  260ページ 並製
定価 2000円+税
ISBN978-4-7872-9241-4 C0395
発行年月 2016年12月

芥川龍之介や三島由紀夫、村上春樹、川上弘美らのテクストに現れる亡霊、ドラキュラ、オカルト、ノスタルジー、出産などの分析をとおして、近代における文化規範が怪異と合わせ鏡であることを解き明かす。怪談作家・黒木あるじへのインタビューはファン必読。


『鏡花と妖怪』青弓社
清水 潤(著) / 怪異怪談研究会(編)
青弓社  A5判  346ページ 上製
定価 3000円+税
ISBN978-4-7872-9247-6 C0095
発行年月 2018年03月

大正期から昭和期における泉鏡花のテクストを丁寧に読み解きながら、岡本綺堂、国枝史郎、水木しげるなどの多様なテクストやサブカルチャーに目を配り、希代の妖怪作家・鏡花と現代の怪異怪談文化を接続して、近現代日本の怪奇幻想の系譜を紡ぎ出す。
人魂gif
【最新情報】
【重要】現在、WEB上からの会員募集は行っておりません。
・日本近代文学会・昭和文学会・日本社会文学会 合同国際研究集会のパネル発表に怪怪研メンバーが参加します。NEW!
 11月24日、13:00-15:00 二松学舎1号館4階401教室
 パネル14 「近代⽇本の怪異と ナショナリズム」 (茂⽊謙之介氏・鈴⽊ 彩氏・井関⼤介氏・⼩松 史⽣⼦氏) >>趣意文
・トークライブ ホラー・アカデミア♯9「迷宮・江戸怪談をさまよう(於・LiveWire)が12月27日(金)に開催されます。 NEW!
 チケット好評発売中です。(2019.11.5)
・小松史生子氏(会員)が、NHK・Eテレ「先人たちの底力 知恵泉」に出演なさいました。
 >>「「江戸川乱歩」─好きを仕事にするには?」前編・後編(11.12/11.19、火曜日22:00-45、再放送あり) 
・今井秀和氏(会員)の著書『異世界と転生の江戸─平田篤胤と松浦静山』(白澤社)が刊行されました。(2019.10.25) 
・栗田英彦氏(会員)の共編著 『近現代日本の民間精神療法─不可視なエネルギーの諸相』(国書刊行会)が刊行されました。
 (2019.9.15)
・飯倉義之氏(会員)の共編著『怪人熊楠、妖怪を語る』(三弥井書店)が刊行されました。(2019.9.10) 
・佐伯孝弘氏(会員)の共編著『古典文学の常識を疑うⅡ』(勉誠出版)が刊行されました。(2019.9.6)
 同じく会員の横山泰子氏も御寄稿されています。 
・雑誌『怪と幽』第2号の「研究会レポート最前線」に「怪異怪談研究会」2019年3月例会の報告記(報告者:飯倉義之氏)が掲載され
 ました。同号には会員の東雅夫氏・大道晴香氏・永島大輝氏も御寄稿されております。 
・会員の大道晴香氏が、「何故私たちは幽霊を見たがるのか―文化としての幽霊」(8月18日、於・有斐斎弘道館)にて御講演されました。
・トークライブ ホラー・アカデミア♯8「ライトノベル・ライト文芸のなかの「怪異」――怪談文芸の行方」(於・LiveWire)が
 8月12日に開催されました。♯9は12月の予定です。
・会員の横山泰子氏が、「江戸歴史講座第61回  江戸東京の怪談文化を考える~番町皿屋敷を中心に」(8月9日、於・日比谷図書文化館
 4Fスタジオプラス)を御講演されました。 
・会員の飯倉義之氏が、TBSラジオ「ACTION」8月8日(木)16:30-17:00に御出演。「時代ごとの妖怪像、妖怪観の変化」をテーマ
 にお話されました。お話の内容は>>「妖怪はコピペで増えていく時代に」をご覧下さい。
・会員の飯倉義之氏が、NHKEテレ「趣味どきっ! 京都・江戸魔界めぐり」(8月6日~9月24日、全8回・毎週火曜 21:30~55)の江戸
 編に御出演されます。 >>番組テキスト
・会員の小松史生子氏が、フジTV「銅像スター調査隊!」に出演されました(6月23日、16:05~)。
・会員の茂木謙之介氏の御著書『表象天皇制論講義 皇族・地域・メディア』(白澤社)が刊行されました。(2019.6.27)
・会員の大道晴香氏の御著書『イタコの誕生』(弘文堂)が印度学宗教学会 学会賞を受賞いたしました。
・会員の倉田容子氏・高木信氏・谷口基氏が、日本近代文学会6月例会の「特集 亡霊の近代文学」(6月22日、於.実践女子大学渋谷
 キャンパス403教 室)に御登壇されました。
・会員の飯倉義之氏が、CBCラジオ「北野誠のズバリサタデー」5月4日(土)9:00-11:40に出演。「民俗学と怪異」をテーマにお話され
 ました。
・雑誌『怪と幽』創刊号の「研究会レポート最前線」に「怪異怪談研究会」2018年12月例会の報告記(報告者:一柳廣孝氏)が掲載
 されました。
・トークライブ ホラー・アカデミア♯7「『幽』から『怪と幽』へ!── 怪異怪談メディアのこれまでとこれから」(於・LiveWire)
 が5月10日に開催されました。ご登壇者の方々、御来場の皆様、ありがとうございました。
・怪異怪談研究会公式サイトがプレ・オ-プンいたしました(2019.4.1)→6月にグランド・オープンいたしました。
Copyright (C) 2019  怪異怪談研究会. All Rights reserved
inserted by FC2 system